【旧】武器商人@ダーツのブログ

当ブログの内容については、リンク・引用・拡散ご自由にどうぞ。許可不要です。

ブログをWordPressに引っ越しましたよ!

既にご存知の方も多いですが正式にご連絡します。

より良いブログにするため、WordPressに引っ越ししました。

bukidarts.com

大きな決め手となったのは、プラグインの存在ですね。

はてなブログも便利な機能が多いのですが、拡張性の点ではWordPressのほうがずっと上です。また、垢BANなどのリスクも考慮しました。

はてなブログにも良いところはあるのでしばらくは平行して運用していこうかと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

入場料の議論の前に

Twitterで入場料の議論が熱くなりました。

先立つものが無いことには的な意見も多かったように感じます。

先立つものが無ければ大きな会場は借りれない。
先立つものが無ければ賞金を増やせない。
先立つものが無ければ。。。

僕はIT業界の人間なのでそういう発想は皆無ですね。

今ある環境の中で低コストでやれることは何か???

一つの案ですが、PT300を既存店舗を使ってやるのはどうでしょうか?っていう話です。

歌舞伎でも相撲でもミュージカルでも同じですが、箱の大きさをスケールアップさせるということは非常に難しいです。売上を上げようとコストも比例してアップするからです。

コストは先行して確実にかかりますが、売上は水物。

ってことは、可能性としては赤字で傷口を広げるほうが高いってことだと思うんです!!!

ホリエモンがミュージカルをネット中継するなどをやっていた狙いはそこです。

要するにインターネットで放送することにより、箱の制限を取っ払いつつ、売上を上げるということです。

ダーツで言えば、ダーツのオールスターを既存店でPT300としてやる。全台撮影を行う。それをYouTubeにアップして1試合あたりの再生数100万を目指すというようなタクティクス考えです。

もちろん失敗する可能性も充分にありますよ。

しかし、失敗したときに被る損害が小さいのがネットの良さ。

リスクを下げつつ、手数で勝負する、ダーツ業界の生きる道はそこしか無いんじゃないかなぁと。