【旧】武器商人@ダーツのブログ

当ブログの内容については、リンク・引用・拡散ご自由にどうぞ。許可不要です。

偽りの影響力とインフルエンサー

スポンサーリンク

過激な言葉を使ったことは詫びる。

まよんぬのファンとアンチから挟み撃ちを喰らっている武器商人です。そんな俺だからこそ言えることを。

ダーツのツイートで不思議なことがある。

いいねやRTがめちゃくちゃ多いにも関わらず、アクセス数が少ないことがある。

現在、まよんぬと戦争中という扱いらしいが、俺はそんなつもりはない。そして、まよんぬも俺のことなんてどうも思っていないだろう。

仮想通貨界隈やブロガー界隈だと、フォロワーが1万人いれば、何かしら食っていける。

しかし、ダーツはそうなっていない。

その原因をいろいろと探っていて、それなりのデータは取れた。

俺のブログはまよんぬに3回~4回引用やらコメントやらをいただいている。

一番反響が多かったのは初回だ。

2000アクセスほどあった。RTは34で、いいねは144。

それなりには良い数字だが、数字のわりには少ない。

そして、この記事、実はクソ記事だったのだ。俺の中では会心のクソ記事。後からだいぶ加筆修正した。

そのわりには、まともな意見やリプなどが無かった。挙句の果てには「面白い」という意見まで見られた。

それはだな、俺の記事なんてまともに読んでいないってことなんだね。直帰率や離脱率が非常に高かった。つまり、つまらないと思われていたということだ。「いいね」とは矛盾するデータが取れたわけだ。普通は面白いブログを見つけたら、過去の記事含めて、読み漁るもんなんだ。

その意味では、マシモト砲を喰らった後のほうが、ずっとアクセス数が伸びたぞ。過去のクソ記事含めて、だいぶくまなく読んでいただけた。

ninedartfinish.hatenablog.com

この現象を俺なりに分析すると、

まよんぬが読んだ記事を読むことによって話題を共有し、まよんぬに認められたいという承認欲求でしかないと思う。

おそらく、それほど間違いではないと思うよ。

そして、2回目、3回目のRTのときはいいねやRTすら少なかった。

先日まよんぬのイベントに行ってきて、まよんぬおよびそのファンとも交流したから多少は観察した。もはやアイドルだね。本当に可愛いし、話していると、自分を好きでいてくれているような印象を感じる。そんな俺も2日3日はまよんぬのことで頭が一杯だった。おそらく、次にまよんぬにあった時も、同じように接してくれるだろうし、同じように淡い恋心を抱くのだろう。あわよくばワンチャンwww

俺は、まよんぬのグッズをネットで紹介したし、その記事をRTしてもらったが、一向に売れなかった。当たり前だよね。まよんぬの内心は知らんけど、仮に俺のことをめちゃくちゃ褒めてたとしたらだろう???俺が逆の立場だったら、そんな男に嫉妬するね。アイドルが他の男を褒めている姿ど、見たくもないはずだ。

そして数日後、俺たちはまよんぬと若干揉めて炎上した。ファンと思われる人から叩かれた。まぁ、当然だ。

つまり、俺はまよんぬを持ち上げても批判しても、どっちにしろ叩かれるってことなんだよ。それを身をもって感じた。

と同時に、まよんぬの顧客囲い込みの技や能力は賞賛に値する。プロとして尊敬する。

ダーツ業界という、消耗品が多い市場がある中、なぜAmazonの売り上げが悪いのか、非常に気になっていた時期がある。

答えは簡単だ。アイドル市場みたいなもんだからだ。すこし足を伸ばせば会えるアイドルに会わずに、無機質なAmazonから買うわけがない。そこは勉強させられた。

そして、話を戻そう。

ダーツ業界のインフルエンサーを活用している企業がいるとしたら、ちょっと考えたほうがいい。RTやいいねはしてもらえるだろうが、売上に繋がるかどうかは、また別問題。ファンの感情などを考慮した上で、衝突が無いかどうか今一度考えなければいけないね。

まよんぬは彼氏いないらしいね。アイドルっぽいね。彼氏出来たらファンは離れそうな気はするし。

その点、既婚者はいいぞ!!!アイドルおたくみたいなファンは居ない。

誰とは言わないけど、D○Cの○野千○さんとかさ。

誰とは言わないよ。

voug286.hatenablog.com
ninedartfinish.hatenablog.com