【旧】武器商人@ダーツのブログ

当ブログの内容については、リンク・引用・拡散ご自由にどうぞ。許可不要です。

WEBライティングの書籍で参考になったもの

スポンサーリンク

私のブログ歴

参考までに記載します。

2009年ぐらいから書いていると思います。

  • アメブロ
  • はてなダイアリ
  • はてなブログ
  • livedoorブログ
  • seesaaブログ
  • fc2ブログ
  • google blogger

など、一通りは作成しました。

一番自分好みだった、はてなブログに落ち着いています。

どのブログを選択した場合も、WEBライティングの技術の基本は一緒です。

但し、検索エンジンとの相性やSNSとの相性はあるので、それぞれ好みのブログサービスを選んだらよいと思います。

学校教育で教わった文章の書き方とWEBライティングの違い

日本人のほとんどは、WEBライティングの訓練は受けていと思います。

少なくとも僕の場合はそうです。

学校教育で教わった文章の書き方はこんな感じだと思います。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/3/37/Genkoyoshi.jpg/300px-Genkoyoshi.jpg

それに対してWEBライティングの場合、こんな感じになると思います。
f:id:oneshotlife_tom:20180511233942p:plain

WEBライティングの特徴

  • 画像
  • 見出し
  • 箇条書き
  • 太字やフォントなどの装飾

など、文字のみではなく、ビジュアルが非常に重要視されます。

もちろん、文章力があることに越したことはありません。

しかし、文章力が無くとも、1行2行の文章を上手く並べるだけでも、しっかりとした文章に見えます。

ちょっとしたテクニックさえ覚えれば、アクセス数もグッと変わって来ると思いますよ。

参考になった書籍

WEBライティングについてまったくイメージがつかない方

WEBライティングの概要をイメージするのであればコレが一番お勧めです。

漫画形式で、図が多用されているため、読み進めやすいです。

ただ、文章を書き慣れている方にとっては、回りくどいと感じるかもしれません。従って、本屋で立ち読みなどすることをお勧めします。

ブログなどを読み慣れている方

若干文章が多めですが、文章の実例などが多く、読み応えのある書籍です。

Amazonの中見!検索で、一部内容を読めるので、気になった方は読んでみて下さい。

WEBライティングの基本的なことはわかるがマネタイズの方法がわからない方

マネタイズ=コンテンツをお金にする方法

かん吉さんの書籍です。

かん吉さんは、僕が使用している書籍の紹介ツール「ヨメレバ」や、商品紹介ツール「カエレバ」の作成者です。

アフィリエイターは御用達のツールです。

アフィリエイトをやる方ならわかると思いますが、Amazon、楽天市場、Yahoo!など、ASPは様々です。せっかく良い紹介文を書いたとしても、読み手が楽天市場しか使わないなどのケースがあるかもしれません。

そういった場合に、Amazonの購入ページしかリンクしていないと、取りこぼしに繋がります。いわゆる「機会損失」というものです。

アフィリエイター目線で、文章の書き方や、拡散のさせ方など、参考になる技が満載の書籍です。

twitterもやっているので、ご興味のある方はどうぞ。

その他

SNSが流行する前は、アクセス数対策と言えば、SEOという検索エンジン対策が主流でした。今でも使える技術なのですが、若干不自然な日本語になったりすることがあります。従って、昔ながらのゴリゴリのSEOの書籍は、今では使えないかな、というのが僕の印象です。

ざっくりとした目安ですが、

  • 2016年以降に出版された書籍
  • Amazonのカスタマーレビュー数が二桁以上
  • ☆4以上の書籍

を拾っていくと良いと思います。

最近は、Kindleで数百円の書籍もあるので、そちらもお勧めです。

特にKindle Unlimited無料の対象の書籍もあるので、そちらも活用出来ると思います。