【旧】武器商人@ダーツのブログ

当ブログの内容については、リンク・引用・拡散ご自由にどうぞ。許可不要です。

スポンサー企業がアフィリエイトを導入するメリット

スポンサーリンク

2018/05/08 大幅に加筆修正を行いました。

アフィリエイトについて

アフィリエイトとは?

紹介者の立場で言うと、商品やサービスを紹介することによって紹介料を得る仕組みのことです。

出品者の立場で言うと、紹介者へ紹介料を支払うことによって、宣伝活動を代わりに行なってもらう仕組みのことです。

アフィリエイトの種類

大きく分けて、

  1. 物販
  2. サービス(クレジットカード、入会など)
  3. 純粋な情報(儲け話)

上から売れやすい順です。

上から儲けの少ない順でもあります。

僕がこのブログで言っているのは、物販アフィリエイトです。

アフィリエイトという言葉の印象が悪い理由は、情報(儲け話)系のアフィリエイターが無茶苦茶なことをやっているからなんですね。中には、アフィリエイト報酬が90%なんていうアホな商品もあったりします。

物販アフィリエイトは怪しくもなんともありません。売れた料金の数パーセントが紹介者に入るのみの、ポイント還元みたいなものです。

ポイントが購入者ではなく紹介者へ行くというところのみが違いです。

物販アフィリエイトには何がある?

有名所ですと

です。それぞれ長所短所があるのですが、自分の紹介したい商品があるサイトから選ぶのが良いと思います。

もし、どのサイトにも商品を掲載している場合は全部やるのがお勧めです。

ちなみに、TiTOさんは全サイトに出品されております。

 

ninedartfinish.hatenablog.com

 

アフィリエイトでメーカーは得する?

アフィリエイトって意外と簡単には売れません。

アフィリエイターが儲けるにはしっかりとした宣伝及び営業を行わなければなりません。もちろん商品知識を身につけなければなりませんし、営業力も必要です。

通常、セールスパーソンっているじゃないですか?そのセールスパーソンを、外注する仕組みがアフィリエイトと言ってよいと思います。

1000円の商品を売るために、セールスパーソンを一人を雇ったらどうでしょう?*1細かい計算はしていませんが、少なくとも年収300万は支払わなければならないと考えると、何千個と売らなければならないと思います。

では、アフィリエイトを活用する場合はどうでしょうか?「1000円の商品が売れたら、40円を報酬として渡す」だったらどうでしょうか?

これだったら、少ない個数でもコストは最小化出来ます。(最低賃金法などありませんしね!)かなり大きい個数となった場合も追加の変動コストはかかりません。(人を追加で雇うなどのこと)

また、スケーラブルです。(リソースの量に比例して全体のスループットが向上する)

セールスパーソンを雇う場合、売上が増加するタイミングで、人をもう1人雇うなどのコスト増加するポイントがあります。

アフィリエイトは、売上規模が大きくなっても、コストの比率は変動しません。なので、反響があって一気に売上が上がっても、コスト的な面では心配不要です。 

メーカーがもっと売上を伸ばすには?

例えば、Yahoo!ショッピングアフィリエイトには、面白い仕組みがあります。アフィリエイターへの報酬を、1%~50%と幅広く設定出来るんですね。*2

尚、各ASPごとのアフィリエイト料率の初期値は以下です。

Amazon ⇒ 5%(ホビーカテゴリ)

楽天市場 ⇒ 1%

Yahoo!ショッピング ⇒ 1%

です。

例えば、10%に設定したとしましょう。

アフィリエイターの立場で言わせてもらうと、1つ売れた場合の紹介料が10倍ということです。なので、頑張って紹介します。

そうすると、結果売上も上がるんですね!!!

僕は、良い商品であれば売れるとは思っていません。売上げ=商品の品質×宣伝の量だと考えています。実際にセールスパーソンを増やしても、人間一人の宣伝量はそれほどではありません。アフィリエイト料をちょっと増やして、アフィリエイター100人に宣伝してもらったほうがずっとコスパが良い場合だってあります。

与太話ですが、カルビーフルーツグラノーラが、ネット上で話題になったことをご存知ですか???僕も、だいぶ稼がせてもらったのですが、なんとアフィリエイト料率をMAXの50%にしておりました(笑)

k-granola.hatenablog.com

 

これが2015/10/29のことです。現在、フルグラの知名度はだいぶ上がったと思いますが、これがキッカケだったと思うのは私だけでしょうか???

従って、メーカー様には、アフィリエイト料率を上げることによって売上を伸ばすということについては、是非検討いただきたいです。

特に、紹介料率10%以上に設定したあたりから、ダーツ業界に関連しない一般企業からの注目度も異常にアップします。

メーカー、プロ、アフィリエイター、消費者の関係

この四者だと、通常のアフィリエイトと比較すると、ちょっと違います。

まず、プロ、アフィリエイター、消費者ですが、境界線があいまいです。

プロがアフィリエイトやってもいいと思いますし、消費者がアフィリエイトをやっても良いと思います。((Yahoo!ショッピングでは自己購入アフィリエイトってのもある) )

また、プロの方って、メーカーがスポンサーになっている場合が多いじゃないですか?その場合、商品について知識を得やすい立場にあると思います。それを、アフィリエイターに教えたとします。そうすると、アフィリエイターとしては、得た情報を活用し宣伝することによって、より良い宣伝を行なえるんですね。

 

実際、僕もプロの方にいろいろ教えてもらって宣伝を行なったところ、売上げが格段にアップしました。僕も得していますが、メーカーさんとしても売上げが上がって得していると思っています。

こういう関係性になると、不思議なことに、メーカーとスポンサー契約を結んでいない、消費者まで、頑張って宣伝してくれるという結果になると思います。 

なので、プロの方もアフィリエイトを頑張ると良いと思いますし、支持者の方にアフィリエイトを頑張ってもらい、一緒に宣伝するという、協力関係を作っても良いと思います。

こういった利害関係の一致は、ネットビジネスでは非常に重要だと思います。

そもそも、Amazonが急速に成長したのもこのアフィリエイトを上手く活用したからなと言っても過言ではありません。 その証拠に、書籍のレビューを書いている方のリンクを確認してみればわかります。リンクのURL内にアソシエイトタグ(xxxxxxx-22)が入っている場合がほとんどです。

 

ninedartfinish.hatenablog.com

 

ダーツ関連の商品も書籍のように、単価が低く、購入する個数が大きいものが非常に多いですから、アフィリエイトにすごく適していると思います。

ダーツ関連の商品はアフィリエイターにとっても魅力的ですし、メーカーにとってもメリットは非常に大きいと思います。

結論

アフィリエイトによって、スポンサーは低コストで宣伝活動が出来るので、メリットは大きいと思います。利害関係の対立が無く、むしろ利害が一致しているので、みなさん協力的な関係性を築けると思います。

是非、ご活用下さい。

affiliate.amazon.co.jp

課題

今現状、アフィリエイターでダーツの商品を積極的に扱っている方は少ないです。

原因はいくつかあります。

  • 価格が高い。特に送料が高い。
  • 品切れが多い。
  • 再販売時にURLが変更される。(同じ商品として出品していない。)

です。

アフィリエイターは、商品を紹介する場合にリンクを貼りますが、品切れになった場合は紹介した行為が無駄になります。在庫を補充してくれれば良いのですが、在庫を補充せず、新たな商品として出品されているものもあるようです。。。そうすると、URLが別になるので、リンクの貼り直しなどをする必要が出てきます。

これを改善するために、商品に商品コード(JANコード)を付与して、商品コードが同じ場合には、URLが変わらないようになどする必要があると思います。

そもそも、商品コード(JANコード)を振っていない商品も多いですね!!!

Amazon楽天市場Yahoo!ショッピングとで、すべてに同じ商品コード(JANコード)が振ってあれば、アフィリエイターとしては大助かりです。こういったちょっとしたことを気にするだけで、売上げもぐっと伸びると思いますよ。

 

JANコードについては以下エントリで詳しく書きました。

 

ninedartfinish.hatenablog.com

 

関連エントリ

Amazon出品方法の悪い点について 

ninedartfinish.hatenablog.com

Amazon出品方法の正解例ーEMAJINY(エマジニー)様の例

出品方法の正解例としては、EMAJINY(エマジニー)様の例が参考になると思います。EMAJINY(エマジニー)様は、プロダーツプレイヤーのスポンサーもしていらっしゃいます。 

ninedartfinish.hatenablog.com

Amazon出品方法の正解例ーD-Craft(ディークラフト)様の例

楽天市場Yahoo!ショッピングも非常に合理的に扱われている印象です。参考になると思います。

 

ninedartfinish.hatenablog.com

*1:最近は、セールスレディやセールスマンは差別用語なので使用しないようですね。

*2:楽天アフィリエイトにも同様の仕組みがあります。