【旧】武器商人@ダーツのブログ

当ブログの内容については、リンク・引用・拡散ご自由にどうぞ。許可不要です。

野球投げ禁止というマナーのマニュアル化について

スポンサーリンク

はじめに

昨日ツイキャスやっていて上手く伝わらなかったのでブログで書きます。

野球投げ禁止について気になったツイート

一般の方のツイートと思われるため引用はしません。

また、実際の状況がわからないので、実際にはどうなのかは知りません。

状況(ツイートの内容)を簡単に書きます。

誰かが野球投げをしていたとのことです。(ダーツの経験者が)それを注意したところ、「は?」という嫌な態度をされたとのことです。

ダーツ経験者にとって、野球投げ禁止は共通認識ですが、果たしてそれは誰にでも守れと言えるマナーなのでしょうか?

後ほど詳しく述べますが、これは「マナーのマニュアル化」ではないかと思います。

個人的には、

  • 「人にダーツを向けてはならない」
  • 「人に当たる可能性のある場合に投げてはいけない」

は誰にでも理解して貰えると思っています。

しかし、「野球投げ禁止」については、初心者100人に話して100人に理解してもらえる話ではないと思っています。

マナーとは

マナーの様式は多くの場合、煩雑で堅苦しく感じられるが、その形は社会の中で人間が気持ち良く生活していくための知恵である[3][4][5]。マナーは国や民族、文化、時代、宗教のさまざまな習慣によって形式が異なる[3][5]。また、個人間でも価値観や捉え方による差異がある。ある国では美徳とされていることが、他の国では不快に思われることもある。
マナー - Wikipedia

とあります。

個人の価値観によって異なるというところがポイントです。

経験者と初心者も、捉え方がずいぶん違うと思います。

経験者も最初は初心者だったわけですし、初心者もいずれ経験者になるわけですから、しっかりとコミュニケーションを取り、より良い方向に行ければと思います。

初心者はいずれ経験者になると言いつつも、初めに嫌な思いをすればそこでやめてしまうかもしれません。非常にもったいないと思います。

経験者はおおらかな心を持ち、言い方や伝え方などにも留意が必要ではないかと思っています。

マナーのマニュアル化について

マナーとは「他者を気遣う」という気持ちの現れであり、相手を不快にさせないように個人個人が考えを巡らして行動すべきものである。しかし、「他者を気遣う」ということよりマナーをマニュアル化し、マニュアルに沿って行動しているかどうかでマナーの善し悪しを判断してしまう場合がある。
マナー - Wikipedia

ここにあるように、相手を不快にさせないことがマナーの本質です。

野球投げをしていると、ダーツ経験者が不快になるのは事実です。

しかし、初心者にとってその気遣いがわからない場合もあると思うんです。

そもそも、野球投げが何故ダメなのかのコミュニケーションを省略し、「野球投げしているかどうか」を善悪の基準にし、価値判断していませんか?

決して、「マナーのマニュアル化」により、価値観の押し付ける行為はいけないと思います。

野球投げに限らずですが、「これはダーツのマナーなんだよ」と言った方が説明は早いです。

ところが、言い方だったり、説明付けの不足などで、初心者を阻害するような説明になっている場合も多々見受けられました。

そもそも、マナーって気遣いですからね。マニュアルを盾にして、初心者を不快にさせるような発言は、それこそマナー違反です。

野球投げのどこがダメなのか?

盤が痛む

野球投げは、ダーツの一般的な投げ方と比較し、力が乗ります。野球投げをすると、盤が痛むと言われています。

しかし、めちゃくちゃ重いバレルを使ったり、とあるティップを使っていても盤が痛みやすいと言われています。

お店によっては、〇〇のティップは使用禁止としているところもあるようです。もしかすると、ハウスダーツを野球投げするより、こっちのほうがダメージが大きい可能性があるくらいです。

盤のダメージが気になるんだったら、貼り紙をするべきです。マナーを押付けずルール化するべきです。そうすれば、貼り紙で禁止されているルールなんで、やめましょうと言いやすいと思います。大人であれば、予め書いてあるルールを破ることだダメとは、すぐわかるはずです。

問題は貼り紙などせず、ルール化されていない場合です。

ルール化していないにも関わらず、(経験者を想定した)マナーの善悪の問題にするのは、まさに「マナーのマニュアル化」に他なりません。

極端な例を挙げます。

YouTubeで人に向かってダーツを投げる動画をアップしていたら批判しますか?しますよね。それで炎上になったケースを見たことがあります。

それに対して、自宅のダーツボードで、野球投げをしている動画をアップしている人がいたら、批判しますか???

「お前、ダーツでは野球投げはマナー違反だぞ!」って批判しますか?(笑)僕はそうならないと思います。

つまり、野球投げ禁止は、ダーツそのもののマナーではなく、公共の場でダーツをする場合のマナーだと思うんですよね。歩きタバコ禁止と同じ扱いかと思います。

野球投げ禁止以外にも、こういったマナーはたくさんあると思うんです。

危険

野球投げが危険という意見にはビックリしました。

そもそも、ダーツそのものが危険を伴うスポーツです。

野球投げでなくても、スローライン付近に人がいたら危険ですし、無茶な投げ方をしたらダーツが飛び散る可能性が高くなり、危険です。

極端な話を言えば、初心者がテイクバックを大きくとって投げたら、刺さらない可能性も高いし、危険性はあるんです。

あまり形式的に考えると、「下手くそはダーツ投げるな」ともなりかねないと思います。

そして、野球投げをしている本人が、危険性について自覚していない可能性もあります。

「危険なことはやっていけない」ということを理解していても、野球投げが危険だとは自覚していないかもしれません。

もしかしたら、その人が野球経験者で、周りに危害を発生させない自信があってやっているかもしれません。そういう人には、野球投げ禁止のマナーを話しても意味がありません。

ただ、その野球投げを真似して、他の人が危険な行動を起こす可能性もあります。

従って、個人によって結果にムラがあるもので、やらない方が望ましいものは、貼り紙などでルール化するべきだと思います。

「マナーのマニュアル化」で対応するべき問題ではないと思います。

僕は野球投げをするのか?

やりません。

マナーとして野球投げが禁止されていることを知っているので、もちろんやりません。ダーツの上達をする上で野球投げするメリットも一つもありませんし。

もっとも、野球投げしても、あまり矢速を出さずに、盤に刺すことくらいは出来ます。

しかし、これは僕が競技としてダーツをやっているからそう思うのだと思います。ただ遊びでダーツをやっているのであれば、気にしなかったかもしれません。

いわゆる価値観の相違ですね。

結論

  • 一部マナーはルール化するべき
  • マナーは気遣いなのであるからマニュアル化するべきではない
  • 経験者が知っているべきマナーも初心者にはわかりづらいことがある
  • 競技としてやるか遊びとしてやるかで価値観が大きく異なる

積極的にコミュニケーションを取って、理解を深めていければ良いかなと思っています。