【旧】武器商人@ダーツのブログ

当ブログの内容については、リンク・引用・拡散ご自由にどうぞ。許可不要です。

都市偏重のPERFECTツアー運営と地域密着という虚構

スポンサーリンク

ameblo.jp

地域密着と言うけれど、、、

日本の人口の統計データを見たことがありますでしょうか???

よーくご覧下さい。何だか、ダーツプロと大会開催数の多い地域とほぼイコールに見えますが。

seniorguide.jp

47都道府県で人口が増加しているのは7つだけです。

日本全国で人口が減少しているにも関わらず、7つの都道府県のみが増加しているということが意味するのは、地方から都市に人口がシフトしているということに他なりません。自然増(つまり子供が生まれることによって人口増加)しているのは沖縄県のみです。詳しく見ていないですけど。

先日のエントリにも書きましたが、まず、ダーツのユーザー数を公開しないことには何も始まらないと思います。

地域格差を無視し、人口増加している売上の稼ぎやすい地域で大会開催数を増やし、地域格差を拡大させているのがPERFECTの運営なんじゃないでしょうか???

逆にサポート イベント 地域密着が出来てない
地域のダーツシーンは 目を覆うような状態になっています
ダーツを盛り上げる為には
メーカー お店 ディーラーの3つの力が必要だと思います
以前盛り上がっていて 今盛り上がっていない地域は
やる気のあったお店が減ってしまった地域や
ディラーが身売りしたり廃業した地域が多いと言うデータが
顕著に現れています

こんなことを仰っているようですが、僕なりの意見を書きます。

そもそも、集客を行うにもお金と時間がかかります。ダーツ人口が過疎っている地方においては、実際の対面での集客には限界があります。そうすると、インターネットを使って集客する以外無いと思います。

僕のブログは、アクセス数を公開しておりますが、昨年10月くらいから8万アクセスほどあります。いちおう、地元や地方の方を中心に取り上げておりますが、読者の地域は関東圏が圧倒的に多いです。

自分で言うのも何ですが、僕のブログもある程度集客に貢献していると思います。

しかし、地方在住の僕が頑張っても、僕が生み出したコンテンツは、都市で読まれ、都市で活用され、都市で収益を生み出す結果になっているわけです。だから、地方の人はあまりブログを書きませんね。

各地方に責任を押し付けるのは無責任です。

もし、総理大臣が「地方の経済が上手く行っていないのは地方の頑張りが足りないから」だと発言したら、衆議院解散総選挙になるくらいのレベルの発言ですよ。イヤまじで。

ダーツは老若男女誰でも出来るスポーツなんですよね?
比較的お金もかからないんですよね?
そして、ツアーも関東含む都市圏の方が多く開催されているんですよね???

各地方で頑張るよりも、都市圏に引っ越したほうが早いから、各地方で頑張るメリットが少ないってことなんじゃないでしょうか???

僕から言える意見は、各地方が頑張れではなく、地方分権的なツアー運営です。都市を除外した各エリアのみで開催される大会を増やしたほうが良いのでは?というところです。PT100は地域密着が制度趣旨だと聞きましたが、優勝経験者が地方のPT100に参加して賞金を取って行くのが現状でしょう。

まぁ、そんなこと言ってもはじまりません。

地方の人はコツコツとダーツ伝道師になって、頑張りましょう!GRANBOADを普及させて市場を開拓し、プロツアーに依存しないダーツ文化の推進を頑張りましょ♪

前回のエントリ

ninedartfinish.hatenablog.com