武器商人@ダーツのブログ

ダーツ界の武器商人です(です)。当ブログの内容については、リンク・引用・拡散ご自由にどうぞ。許可不要です。丸コピだけは勘弁してくださいねw

他人に聞くのもいいけど、一番重要なのは自分

おのれの作品のよしあしをひとにたずねることに就いて  自分の作品のよしあしは自分が最もよく知っている。千に一つでもおのれによしと許した作品があったならば、さいわいこれに過ぎたるはないのである。おのおの、よくその胸に聞きたまえ。
太宰治 もの思う葦 ――当りまえのことを当りまえに語る。

太宰治の「もの思う葦」ってのは、かなり深い作品です。いわゆる、アフォリズムってやつです。読んでみると価値観変わるかもしれません。

 

ダーツのフォームだとかも、自分の作品だと考えれば、その良し悪しを一番判断出来るのは自分なんですよね。他人のアドバイスに振り回されたり、不快に思ったりすることもあるかと思いますが、気にしないことです。