武器商人@ダーツのブログ

ダーツ界の武器商人です(です)。当ブログの内容については、リンク・引用・拡散ご自由にどうぞ。許可不要です。丸コピだけは勘弁してくださいねw

自宅にソフトダーツ規格のダーツボード

ダーツバーに行っても上手くはならない 

ダーツバーに行っても上手くなるわけではない。

ダーツバーの経営のお話

ダーツバーの売上は、ドリンク代とゲーム代、グッズの売上などで成り立っています。

店によって、料金体系が異なり、どこで売上げを上げたいかが違います。

例えば、

  • 投げ放題のお店
  • インコインオール100円のお店
  • インコイン200円のお店

などがあります。

とにかく、上手くなるには、投込みの量が必要です。

 

ゲーム代っていくらかかるんだろう???

カウントアップについて

8ラウンドで1クレジット。。。何回も何回もやれるわけはない。

実は、ダーツの上達に一番向いているゲームはカウントアップだと思う。しかし、コスパが悪いのは事実。

余談だが、SUPERDARTS2017で優勝した小野恵太選手は、カウントアップを1日50ゲームしていたそうだ。もちろん練習として。

かりに、1クレジット100円のお店だったら、5000円!!!そんなの毎日やれるわけがない。

ただし、漫画喫茶などで、1時間数百円という値段設定のお店で、ひたすらカウントアップをやるというのは効果的だ。

一時期、北川景子式CUなるものが流行りましたが、有効に活用出来るのは投げ放題のお店なのではないでしょうか?

01について

01だけ数をこなせばけっこう上達すると思う。やるとしたら、701,1101,1501あたりが良いと思う。なぜなら、501とかだと、すぐに誰かが上がってしまって、1クレジットがもったいなので。。。

クリケットについて

クリケットばかりやっている人は、BULLに弱い傾向にある。特に、初級者中級者は、BULLを狙う頻度が少ないゲームだから。

練習と対人戦について

練習は、自分の能力を上げるために行うものです。

対人戦は、自分の能力を100%出せるようにするためのものです。

一番良いのは、対人戦で100%以上の実力を出せることなんでしょうけど、、、一般的には、練習で出来ないことは対人戦では出来ません。

なので、対人戦ばかりして、練習をやらない人は、実力は身につかないと思います。

もっとも、対人戦で負ければ、負けたくないので練習しようという気持ちにもなるので、「練習していないから対人戦をやらない」という姿勢も問題です。

自宅にダーツボードを置く

上手くなるのに重要なことは、基礎的な反復練習。

ブルのみを狙って480投とか、そういう練習。

ダーツバーでやるのは、時間的にも、金銭的にも、台の空き的にも厳しいですよという話。

 

ダーツで上手くなるには、自宅にダーツボードを置くしかないと思います。

 

ダーツボードを置くうえで、お勧めなのは、ハードボードです。

メリットは以下

  1. 比較的安価
  2. 音が静か
  3. 刺さりによって角度が違うので飛びを綺麗する練習にもなる
  4. 一投あたりの消化時間が非常に短い。

私は、ハードダーツボードを自宅に置いて練習してから、ダーツライブのレーティングが、Cから、BBまで上がった。

 

たまに、ダーツライブで打ったりするときは、Aフラくらいのスタッツは打てている。あまりやらないので、レーティングは変動が少ないけど。。。

 

お勧めのハードボードは以下。

これの良いところは、ソフトボードの規格の15.5インチだということ。ソフトをやっている人は迷わずこっちを選びましょう。

 

 

設置の方法についてだが、壁にネジなどを付けて設置するのもありだと思うが、無ければ、スタンドを購入したほうが良い。これは、2Kgとものすごく軽い!!!設置も簡単だし、持ち運びも出来ちゃう。TRiNiDADのものなので、上述のボードとも相性が良い。 

【TRiNiDAD】マルチダーツスタンド (トリニダード)

【TRiNiDAD】マルチダーツスタンド (トリニダード)

 

 私は、この二つの組み合わせで使っています。

こんな感じで。。。

畳も傷めないので助かる。。。

 

f:id:oneshotlife_tom:20170325130550j:plain