【旧】武器商人@ダーツのブログ

当ブログの内容については、リンク・引用・拡散ご自由にどうぞ。許可不要です。

ダブル1からダブル20までを狙う練習

スポンサーリンク

ソフトダーツの練習は、ブルだけでも良いと思う。

 

01にしろクリケットにしろ、最終的にはブルが得点源となることが多いというのがそのひとつ。

 

もう一つは、どのナンバーを狙うにしろ、構え位置が異なるだけで、腕の振りはブルを狙う場合と一緒というのがもう一つ。

 

この考え方には概ね賛成するが、ダブルを狙う練習も有効だと思う。

 

ブルだけを狙っていると、だいたい近くに集まるようになれば、細かい精度が求められなくなってくる。なので、毎回近くには行くが、細かくは狙えない状態となることが多い。もうちょっと上とか、もうちょっと下というのが、いまいちわかりづらい。それだけ、ブルを狙う回数が多いので、ブルの位置がわかってしまっているのではないかと思う。

 

ダブルを狙うようになると、もうちょっと上とか、もうちょっと下、など、細かい狙い方の練習が出来る。試しに、ダブル1からダブル20まで順番にならってみると良い。

 

ブル派の人は、どのナンバーを狙う場合も一緒と言うが、ナンバーによって成功率がまったく変わってくる場合も少なくない。苦手なナンバーが見つかった場合、狙い方やクセによることが多い。例えば、打ち下ろすように狙う人が、ダブル20やダブル18が苦手など。

 

やはり、ダブルを狙う練習もやったほうが良いと思う。