Hackers And Darts Players ~ ダーツ界の武器商人

ダーツ好きのハッカーです。ダーツ界の武器商人になりたい。ネットを使って情報を公開したり、収入を得る手助けをしたいです。

私がダーツに熱中する理由②

ダーツは結果こそがすべて。

誰が何と言おうがブルはブル。

ホームだろうがアウェイだろうが、入ったものは入ったわけだし、外れたものは外れたとしか言えない。

スポーツはこうあるべきだとは思うものの、審判によって結果が左右されたりすることが往々としてあるもの。

ダーツには誤審が極めて少ない。

もちろん、細かいルールの誤審はあるのだが(先行と後攻間違えたとか)、ブルがブルで無いと言われたりすることは無い。

その結果に対する最大までの信頼性が安心出来る。

私は、小さい頃から誤解されることが少なくなかった。自分がやったわけでもないのに濡れ衣着せられたり。テストで良い点数を取っても、授業態度が悪いと悪い評価をつけられたり。世の中って不公平だよなと思っていた。

いつしか、結果は正当に評価されないのが世の中の常だと思うようになり、努力さえもしなくなった。

仕事でも結果が正当に評価されることは少ない。

努力だとか、姿勢だとか、そういうどうでも良いパフォーマンスが評価される。

どうしてもテンションが上がらない。

しかし、ダーツは違った。

どんなにムカツク野郎でも、ハットを決めればナイスハットだ。

そのムカツク野郎を黙らせるには自分も頑張って、そいつを負かしてやらないといけない。

そのシンプルさが、どうやら私には合っていたようだ。

ninedartfinish.hatenablog.com