nine-dart finishのブログ(仮)

中肉中背のひきこもりハッカーがダーツはじめたらこうなった。

その2

アップもしないで投じた1スローのうち1本は13Tまで外れた。おそらく自分はBBBかAフライト下くらいのレーティングはあると思うのだけれども、そのくらいの実力になってくると、トリプルレーンまで外れるのは滅多にない。

しかし、初回の1スローは、身体が出来ていないのでそのくらい外れることも少なくない。トリプルレーンまで外れるのはショックだ。

どうやってこれをなくせばいいか?

やはり、シャドーしかないだろうね。どんなスポーツでもシャドーは有効。ボクシングだってそうだし。野球の素振りもある意味シャドー。シャドーの重要性は高い。

肩が思うように動かない、肘が思うように動かない、指が思うように離れない。いつもと違うからいつもと違うフィニッシュになってしまう。これは、いきなり投げて狙おうとするからそうなることが多い。

まずは、鏡を見ながらシャドーをして、理想的な振りが出来ているかどうかをチェックしたほうがいい。100回くらい振ったほうがいいのかな? 

みなさん、シャドーはやったほうがいいですよ。