武器商人@ダーツのブログ

ダーツ好きのハッカーです。ダーツ界の武器商人になりたい。ネットを使って情報を公開したり、収入を得る手助けをしたいです。

卓球の平野美宇選手がアジア選手権優勝し、ダーツの将来について考えてみた

女子シングルス決勝で、平野美宇(17)=エリートアカデミー=が世界ランク5位の陳夢(22)=中国=に11―9、11―8、11―7のストレート勝ち。日本勢では1996年の小山ちれ以来のアジア女王に輝いた。フォアハンドの打ち合いで全く力負けすることなく、巧みな落ちるサーブでミスを誘う完璧な試合運び。中国語で「加油(じゃーよー、頑張れの意味)」の大合唱が響く完全アウェーで完勝した。
平野美宇がアジア選手権初優勝!小山ちれ以来21年ぶり快挙 : スポーツ報知

 

正直ビックリしている。日本人が、卓球の本場の中国の選手に勝つなんて!!!日本勢では小山ちれ以来21年ぶりとか笑わせないで下さい。。。小山選手は、中国生まれ中国育ちで、日本に帰化してますから。

近代卓球が始まって以来、生粋の日本人がアジアを制したのは初めてということになります。

卓球を話題に出したことには意味があります。

私は、20年くらい前に卓球をやっておりました。一時期はプロを目指したほどです。そのころから、上位ランカーはほとんどが中国選手でした。男子も女子もです。日本人なんて、トップ100に入っていればまだマシというレベルでした。

それが、世界チャンピオンを倒しての優勝ですからね!17歳というのもすごい。

では、ダーツではどうなんでしょうか?実は、ダーツも似たようなもんで、日本人選手がダーツの国際大会、特にPDCでは優勝どことか、参加すら出来ておりません。逆に、PDCプレイヤーが日本に来て、ソフトダーツで対戦などすることがありますが、日本人選手が負けることのほうがずっと多いです。PDCプレイヤーは、ハードダーツが主戦なのにね。。。

野球で言えばMLB、サッカーで言えばリーガエスパニョーラやセリアAで、日本人選手の活躍が目立ちますが、PDCには日本人選手すらいないのです。その意味で、MLB野茂英雄選手、セリアAの中田英寿選手のような、パイオニアすら登場していないということになります。

一応、日本人がPDCに参加出来るよう働きかけはしているようです。

ameblo.jp

早く、その日が来ると良いと願っています。

間違い無く、日本人選手は苦戦するでしょう。勝てない勝てない。優勝なんて夢のまた夢。

でも、いつか、日本人のチャンピオンは登場すると強くしんじております。10年かかるか、20年かかるか、それはわからない。

でも、不可能は無いと思います。

ダーツボードは逃げませんから、先行で相手よりスタッツを打ち、上がれば勝てるゲームなんです。相手のフィジカルとか、そういうのも関係ない。自分のダーツが、PDCプレイヤーのそれより優れていれば、勝てるということですから。

そのためには、選手一人一人が頑張っているだけでは足りません。ファンの応援も必要。国の援護も必要。みんなでバックアップしてさ、頑張って行こうと思うわけ。

何?ダーツに興味無いって?

ダーツ3本持って、ボードに投げてごらん。それで好きにならなかった人を私は知りません。