nine-dart finishのブログ

常に自分にYesと言う。ダーツを通じてプレイヤーとしても人間としても成長していく。

ダーツのフォームを身につける方法

安定して狙えるようになるには、フォームを身につけ固定することが重要。

 

では、どうやって身につけるか?

 

私見ですが、忘れて思い出すの繰り返しが重要だと思う。

 

例えば、初心者が1日10時間練習したとする。その日のうちはいくらか上手になるかもしれない。翌日は、おそらく忘れてることでしょう。。。

 

それよりは、1日1時間練習して、ちょっと休んで、また1時間練習して、寝て、翌日1時間練習して、、、など間に忘れることを挟むことが重要だと思う。

 

フォームを忘れるというと、嫌な印象を持つかもしれませんが、人間は忘れる生き物です。忘れるというのは重要なんです。なぜ忘れるかというと、すべて覚えていると頭がパンクするからなんです。

 

最初のほうはいろいろと覚えなければいけないことがあるので、頭がパンクしがちです。納得行かないこと、自分には合わないこと、こういうのはすぐ忘れます。むしろ、忘れちゃっていいんです。。。すぐ忘れることは、自分にとって覚える必要が無いことの可能性が高いです。

 

だから、どんどん忘れちゃって下さい。

 

そして、また練習して、忘れてを繰り返すと、無駄の無い自分だけのフォームが身につくはず。

 

これって、暗記の仕方とかと一緒。

以下が、かの有名な忘却曲線です。忘れた頃にまた記憶すると、定着が良くなるよというグラフです。

f:id:oneshotlife_tom:20170325164404j:plain

 

では、忘れるにはどうすれば良いか???

例えば、

  1. 寝る
  2. 何十分か休憩する
  3. 一旦セットアップを外して、再度セットアップしなおす

などです。

 

投げ続けてると、本当にこの投げ方で良いのか不安になることってありませんか???そういうときは、絶対に休憩したほうがいいです。おそらく、体が拒否反応を起こしているんです。休憩して、また練習してみると、自分にとって必要な部分だけが、上手く吸収されることは、よくあります。

 

迷ったまま練習を続けると、変なクセがついたりして、フォームを崩す原因にもなります。

 

ダーツが上達するコツは以下のDVDが非常に参考になりました!!!知野真澄選手は、ダーツをはじめて8カ月で、カウントアップ1000点を超えたそうです。そのエッセンスを学ぶには非常に役立つものだと思います。

 

ダーツ上達練習法「知野真澄式」 [DVD]

ダーツ上達練習法「知野真澄式」 [DVD]