武器商人@ダーツのブログ

ダーツ好きのハッカーです。ダーツ界の武器商人になりたい。ネットを使って情報を公開したり、収入を得る手助けをしたいです。

アウトボードについての私の考え方

 

アウトボードとは

アウトボードとは文字通りダーツの的から外すこと。点数で言うと0点のこと。

アウトボードをしやすいケース

  • 初心者の場合。
  • 01ゲームのダブルアウトを狙う場合。
  • クリケットゲームで外側を狙う場合。

アウトボードについての私の考え方

初心者の場合

初心者の場合はある程度仕方がない。ただ、初心者であっても、ブルを狙わず20Tや19Tを狙って、結果アウトボードになるのはあまり良くない。特に、ダブルスでやっていた場合、01であっても、クリケットであっても、的に入りさえすれば得点になったりマークになったりするが、アウトボードは何にもならない。なので、極力アウトボードを避けるような打ち方をして欲しい。

01ゲームのダブルアウトを狙う場合

ダブルレーンは一番外側にあるので、そこから多少外れてアウトボードになるのは仕方がない。プロでもダブルアウトを狙う場合にミスすることは多々あるので、プロで無い方がミスするのは普通。ただ、ダブルアウトやマスターアウトのルールが無いのであれば、わざわざ際どいところを狙う必要はない。ダブルに入ったらラッキーくらいに考えて、シングル寄りを狙うのも手。ただ、BUSTするよりはマシなので、BUSTしそうな場所だとか、そこまで腕が上手でない場合は、アウトボード寄りに狙ってもOKだと思う。

クリケットゲームで外側を狙う場合

初心者のうちは、クリケットではラージシングルに3本入るように心がけるのが良いと思う。しかし、勝負どころでは、どうしても狙わなければならない場面が出てくる。例えば、1投しか残っていなくて、2マーク以上しないとクローズが出来ない場合。そういう場合は、狙うしかない。でも、ちょっと考えてみて、トリプルを狙えば済むのであれば、トリプルを狙うのも手。プロでも、1マークしている場合もトリプルを狙うシーンを良く見る。おそらく、外れて1マークでも良いかという考えもあるのだと思う。