修行僧のごとく~ダーツのあれこれ

中肉中背のひきこもりハッカーがダーツはじめたらこうなった。

佐藤かす美選手のグリップ

世界/日本 ダーツ情報専門サイト NEW DARTS LIFE ニューダーツライフ:Darts Angel

上記サイトより引用。

 

f:id:oneshotlife_tom:20170709044103j:plain

 

ダーツには直接関係は無いけれども、ネイルが可愛いw

リストバンドとか、ネイルとか、フライトとか、黒と赤系統で統一されていて、見るからに華がある。

佐藤かす美選手は、赤系統が好きなんでしょうかね?バレルもD-Craftのマタドールというものが、彼女のモデル。闘牛士はまさに赤のイメージ。イメージにピッタリですね。

グリップは3フィンガーもしくは4フィンガーでしょうか。おおよそは3本で握って、薬指を添えるタイプの、よくあるオーソドックスなグリップです。私もこんなグリップをしているので、いろいろと参考にしております。

やはり、グリップが似ている人は、スローも真似やすいと思う。

知野真澄のスローイング

www.youtube.com

 

センターラインから左寄りに立ち、斜めにスローイングしていることがわかる。実は、私も左寄りに立つのだが、先日その点を指摘されたため、改めて確認していた。

 

私の経験上、真ん中や右寄りに立つ人が多く、左寄りに立つ人は少ない。そのため、指摘した側は違和感を感じたのだろう。

 

知野真澄の体の傾きを見ればわかるように、かかとに体重を乗せて、背中が若干反っている。そういう人は、体よりもひじが背中側にくるため、左寄りに立つほうが楽なようだ。

 

逆に、つま先よりに体重を乗せる人は、ひじがお腹寄りに来るため、右寄りに立つほうが楽なようだ。