読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nine-dart finishのブログ

常に自分にYesと言う。ダーツを通じてプレイヤーとしても人間としても成長していく。

ダーツと孤独

ダーツの良いところは自分のペースで練習をしあるいは練習をしなくてもいい。自分なりの楽しみ方を決めて出来るところ。

ところが、ダーツのゲームは結局のところを得点を競う競技だということ。01であれば、最初にアウトした人が勝ちというルールなのは不定。

負けず嫌いな私はやはり勝ちたい。

勝ちたいから練習をする。

練習をするには時間も体力も神経もお金も使う。

それでも勝ちたい。

それでも足りなければ、仕事をおろそかにしてでも、ダーツをしたい。

よく言われることだが、ダーツ=人生と言っても過言ではない。

だけど、普通はそこまでのめり込める人なんて少ない。

家族がいれば家族を優先せねばならないこともあろう。

仕事が忙しければ朝までダーツなんて出来ないだろう。

月に10万も20万もかけられる人も少ないだろう。

上を目指せば目指すほど、犠牲になるもの、つまりダーツ以外のものを捨てて行かなければなくなるときが来る。そういうとき、誰かついてきてくれるわけではない。

時には孤独を感じることもある。

それは致し方の無いこと。

ダーツは究極の個人競技

試合中は応援をもらうことはあれど、誰が助けてくれるわけでもない。

試合中は孤独だ。

だから、日常でも孤独でもいい。

孤独でも仕方ない。

それでも、勝った時の喜びは格別だよね。

ダーツをはじめてよかった。

 

 

Jeff Smith(ジェフ・スミス)のフォームとバレル

www.youtube.com

ダーツの動画を見るのが趣味なのでいろいろと見ている。

私の場合は、主戦はソフトなので、ソフトの選手の動画を見ることが多いのだが、ハードも見る。ハードの選手にも参考になる選手はたくさんいるので。

その中でも、Jeff Smithという選手がものすごく好き!!!

カナダ出身の1975年生まれのナイスミドル。

白髪と眼鏡でダンディな印象。

コンパクトなテイクバックからのまっすぐなスイングとフォロースルー。

20Tにいとも簡単に決めてしまうところがエキサイティング。

彼の投げ方は、ロングストレートのバレルの良さを最大限に活かしているように見える。

ストレートバレルは、しっかりと重心をグリップして綺麗に投げないと、綺麗に飛ばない。逆に言えば、彼のように綺麗に飛ばしているプレイヤーは、綺麗に投げているということにもなろう。

さて、彼の使っているバレルは、ロングストレートだが、ところどころにカットが施されているのでグリップはしやすそう。 

COSMO DARTS バレル Silencer JEFF SMITH(ジェフ・スミス)モデル

COSMO DARTS バレル Silencer JEFF SMITH(ジェフ・スミス)モデル

 

 彼は、フィットフライトを使っていて、彼のモデルもたくさん出ている。クールなデザインが多いですね。

 

ダーツ用フライト Fit Flight JEFF SMITH2 シェイプ Dブラック

ダーツ用フライト Fit Flight JEFF SMITH2 シェイプ Dブラック

 
Fit Flight AIR ×ジェフ・スミス シェープ パープル 3枚

Fit Flight AIR ×ジェフ・スミス シェープ パープル 3枚